ライブプロパティ

任意売却後の残債務

  1. ホーム
  2. 任意売却後の残債務

任意売却後に残る借金(残債務)の不安を解決

ご相談頂く多くの方は自宅を任意売却しても、住宅ローン債務の全てを返済できずに借金が残ってしまいます。その残ってしまった借金の「今後どうなる?」という疑問にお答えします。

「任意売却後の残った借金はどうなるの?」

任意売却で自宅を売却したあとの借金はどうなるのか? 結論から言うと、多くの場合、債権者との間で、和解によって借金問題を終了させることができます。

債務者主導での返済計画

任意売却ので変わる借金(残債務)の性質

住宅ローンを利用して自宅を購入すると、一般的に、銀行はその自宅に抵当権を付けることになります。そして、住宅ローンの返済が滞ると、銀行は抵当権を実行して競売という最終手段で債権の回収を図ってきます。いわゆる銀行の「切り札」です。銀行は競売という最終手段をチラつかせながら返済を迫ってきます。しかし、任意売却や競売で自宅が無くなると、抵当権は抹消されて、銀行としては競売という「切り札」が無くなることになります。

自宅を売却した資金でも回収できなかった借金(残債務)は、担保のない借金、すなわち無担保債権ということになり、債権者としても債権を回収するためには債務者との話し合いで解決していかざるを得ないということです。

任意売却前後の借金性質の変化

  • その1権利の変化
  • その2支払い能力の変化

任意売却したあとの借金(残債務)は、権利の変化、支払い能力の変化に伴って性質が異なってくるため、
「一括で返済しなければならない」「自己破産しかない」と不安に思われるようなことはありません。

残債務の支払い方法

債務者に適した支払い方法が考慮される

  • 支払いは
    可能なのか?

    - PROPRIETY -

  • どれくらいなら
    支払えるのか?

    - HOW MUCH -

  • 支払う意思は
    あるのか?

    - INTENTION -

債権者と和解による解決を目指すのであれば、重要となるのは「債権者に誠意を見せる」ことです。債権者からの連絡を無視などして関係が悪化すると和解による解決は遠のく一方です。現時点の生活状況を正直に話して、返済に回せる金額を債権者に伝えます。また、返済に回せるお金がまったく無い場合には「払えません」とはっきり伝えることも大事です。

軽はずみに無理な金額を伝えて、結局、払えない状況になっては債権者との関係が悪化しかねません。

支払い方法2つのポイント

  • ポイント1
    支払い可能な範囲の返済額で支払う

    任意売却をした後の借金(残債務)は、金額の大小に関係なく毎月支払えるだけの返済額になります。

    債権者としても、無いところからは取れません。債務者の収入と支出のバランスに応じて返済額を決めることになります

  • ポイント2
    支払えないなら思い切って支払いをストップする

    本当に支払えない場合は、返済をストップすることも選択肢の一つです。

    債権者としては、債務者に自己破産されては、その後一円も回収することができなくなるため、別の返済方法が提案される可能性もあります。

ご相談を頂く方の中には、様々な事情により、全く支払うことができないという方もおられました。
そうなると、自己破産しか道はないと思われるかもしれませんが、すぐに自己破産を検討する必要はありません。

残債務の返済額は債務者の生活状況によって決めるため、本当に払えないのなら「払えない」ことをはっきりと債権者に伝えて、誠意をもって対応することが重要です。

残債務の行方

仮に残債務の返済額を毎月1万円として、残った借金が1,200万円以上あれば、返済期間は100年以上かかる計算になります。これは現実的に完済できるスケジュールではありません。このような回収見込みのない債権を不良債権といいますが、銀行や保証会社は、任意売却後の残債務を債権回収会社(サービサー)に債権譲渡することになります。この時の不良債権の譲渡価格は、債権額の1~10%位の価格と言われています。

債権譲渡後は、債権回収会社(サービサー)が新たな債権者となり、残債務の請求をしてくることになるのですが、全額回収が現実的ではないと判断すると、債務者が一括返済できる金額で和解を持ち掛けてきます。

任意売却後の残債の大まかな流れ

和解による一括返済額は、その人によって返済できる額が違ってきますから、幾ら位と言い切れるものではありませんが、数十万円で和解したという方もいらっしゃいます。このように、数千万、数百万の借金が、数十分の一に減額されて和解という形で解決することができる可能性があるということです。

和解による借金問題の解決

任意売却後の残った借金(残債務)について、自己破産することで返済義務を完全に無くすことも選択肢の一つだと思います。しかし、ご相談を頂く方の中には「連帯保証人に迷惑をかけられない」「事業の再興を目指している」等で自己破産だけは何とか避けたいと思われる方もいらっしゃいます。

自己破産による解決

 OR 

和解による解決

そのような場合には、自己破産をせずに任意売却を行い、残債務については和解という形で解決することも選択肢の一つです。 和解による解決のメリット・デメリットを理解して、ご自身にとってどちらが最善の解決につながるのかをご検討下さい。

和解により借金問題を解決させた場合の
メリットとデメリット

  • メリット
    • 自己破産しなかったという気持ちで精神的な負担が軽い
    • 自己破産に要する費用負担がかからない(手続費用:20万円~50万円)
    • 保証人への影響を最小限にとどめることができる
    • クレジットカードなどを継続使用できる場合が多い
  • デメリット
    • サービサーへの債権譲渡や和解案の提示まで時間がかかる
    • 他に不動産等の財産があれば差押えられることがある
    • 借金があるという精神的プレッシャーが残る
    • 裁判所から訴訟通知が届くことある

最後に

借りたお金を返すことは当たり前のことなのですが、そのことで、ご自身の生活を犠牲にする必要はありません。これまでご説明させて頂いた通り借金問題は「法的な解決である自己破産」「話し合いによる解決である和解」等、いずれ解決の日を迎えます。今まで当事務所にご相談頂いた方々は、住宅ローン破綻を乗り越え、借金問題を解決されています。また、世間には莫大な借金を抱えながらも再起して成功を収めている方もたくさんいらっしゃいます。

そのような人は、お金に関する知識を持っているからこそ、借金問題を解決することができているのです。お金の問題は必ず解決できます。生活再建、借金問題解決に向けて前向きな気持ちをお持ち頂ければと思います。