ライブプロパティ

事例紹介

  1. ホーム
  2. 事例紹介 > 競売の入札開始間際に相談を受けた事例

任意売却の事例

競売の入札開始間際に相談を受けた事例

大阪府大阪市 O様からのご相談

ご相談までの経緯

O様からご相談を受けた時には既に債権者から競売開始決定がされており、入札開始まで約2ヶ月といった状況でした。 相談以前の経緯を伺うと「知り合いの不動産会社に自宅の売却について相談していたが、債権者との条件的な合意に至らず、その後放置されていた。」とのことです。

任意売却の結果

O様からの受任後、まずは適正な評価額をもとに債権者との交渉を行い、売却可能価格の調整を行った後に販売活動を開始しました。 販売活動の結果、受任後1ヶ月で売買が成立し、O様の引越費用も捻出することができました。 また、1ヶ月では引越準備が整わなかったため、買主様にご理解を頂き、取引後の引越猶予期間を設け、ゆとりのあるお引越のサポートまで行った事例です。 この事例のように「知り合いの不動産会社に売却を任せている。」といったケースはよく耳にします。 しかし、任意売却は権利関係等によっては複雑な手続きになるため、任意売却についての理解・経験がないと、成立させることができません。 場合によっては弁護士等の各種専門家との協力が必要となるケースもあります。 任意売却については経験・実績が豊富な専門業者に相談することをお薦めします。