ライブプロパティ

事例紹介

  1. ホーム
  2. 事例紹介 > 子どもの教育資金等の負担が増え、住宅ローンが払えない

住み続けられた事例

子どもの教育資金等の負担が増え、住宅ローンが払えない

大阪府大阪市 H様からのご相談

ご相談までの経緯

お子様が大学に進学するにあたり、教育費が増えるため、今後住宅ローンを滞納なく支払っていけるか不安に思われていました。ご相談をお受けした際、ご自身でも任意売却について調べられていたため、任意売却により住宅費を圧縮することを前提に考えられていました。

任意売却の結果

【売却することなく、金融機関と返済方法の交渉をすることをご提案】 ご相談内容の全体をお聞きすると、お子様が大学に通う4年間だけが家計に大きな負担がかかり、大学卒業後は今まで通り住宅ローンを支払い続けることができることがわかりました。そこで、無理に任意売却をするのではなく、まずは金融機関と4年間の間だけ返済額を見直す協議をすることをご提案。無事に条件的な折り合いがつき、売却することなく住み続けることができました。