ライブプロパティ

任意売却とは

  1. ホーム
  2. 任意売却とは

競売を回避し、任意売却をする

ローンの支払いが困難になり、競売にかけられて強制的に資金回収されてしまう前に、通常の不動産物件として、債権者の合意を得て、適正価格で売却することを「任意売却」といいます。では競売を回避し、任意売却をするにはどうしたらいいのでしょうか?

  • その1  任意売却に至るまでの過程

    • 不動産を購入
      または
      担保に借入れ
    • ローンを
      滞納
    • 債権者より
      差し押さえ
    • 競売の
      手続き開始
    • その2へ

    住宅やマンションなどの不動産を購入後、または、不動産を担保に事業資金の融資を受けて、何らかの理由でローンの支払いが困難になり、3ヵ月~6ヵ月滞納に至ると、融資している住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫)や金融機関が、差し押さえに入り、競売によって資金を強制的に回収しようとします。そうなってしまう前に・・・。

  • その2  適正な価格で売却するために

    競売になってしまうと一般市場価格の6~7割程度でしか売却できないことも多く、任意売却と比べると残債務が多く残ってしまいます。競売と比べて市場価格で売却することができる任意売却に、前向きな金融機関も数多く存在しています。そこでライブプロパティが双方の間に入り、合意のもと、通常の不動産として市場に出すことで、競売よりも高額かつ、適正な価格で売却することができます。これが「任意売却」です。

任意売却への切り替え緊急度

ローンの支払いが苦しい。
現在は滞納していなくても、今の生活を維持していくことが難しいなどの場合でもご相談ください。
住宅ローンの支払いが困難になった、すでに滞納している。
この時点で競売にかけられるということはありませんが、早めにご相談いただくことで、色々なご提案が可能です。
「期限の利益の喪失通知」が届いた。
「月賦で支払える権利」を失った通知です。つまり借金を一括で支払わなくてはならなくなってしまった状態です。何もしなければ、保証会社が代位弁済を行います。 すぐにご相談ください!
「競売開始決定通知」が届いた。
もうほとんど時間がありません!至急ご相談ください!!
「期間入札の通知」が届いた。
入札が始まってしまうと、任意売却への切り替えが難しくなります。ここまでくるとほとんど期間はありませんが、このタイミングで任意売却を成功させた事例も多数あります。あきらめずにご相談ください!!

任意売却のメリット
MERIT

競売との違いで見る
任意売却のメリット

  • 売却価格は?

    任意売却 競売
    市場価格に近い金額で売却が可能。可能な限り残債務を少なくすることができます。 市場価格の6~7割程度でしか売却できない場合が多く、残債務(借金)もその分多く残ってしまいます。
  • 残債務の返済方法は?

    任意売却 競売
    返済方法の相談が可能。少しずつ無理なく返済をすることができます。 返済方法の相談はできません。
  • 引越しの猶予は?

    任意売却 競売
    ある程度の引越し時期の融通がききます。さらに引越し代を手元に残せる場合もあります。 落札者の都合なので強制的に退去を迫られます。立ち退き料などは一切出ません。
  • プライバシーは?

    任意売却 競売
    秘密厳守が原則なので、ご近所に知られることはありません。新聞やチラシで公開する場合であっても一般不動産として公開するため、ご近所の方に事情を知られることはありません。 競売情報として新聞やチラシなどで広く公開されるため、プライバシーの配慮は一切ありません。
  • 滞納金などの控除は?

    任意売却 競売
    売却代金から税金・管理費などの一部滞納金の返済が可能です。 控除は認められていません。
  • 総合的にみて…

    任意売却 競売
    債務者様への配慮が大きいので、今後の生活の計画も立てやすく、経済的・心理的な負担が少なくてすみます。 先行きが見えないため、経済的不安、心理的負担が非常に大きいため、債務者様にとっては非常につらいものです。